MENU
目次
makicoの画像
makico
イタリア在住
イタリアの職人文化と革製品をこよなく愛し、ローマの片隅でゆるく生きてます。

ローマで出会った人やモノの素敵な物語を伝えていけたらと意気込みながら、マイペースにブログを書いたりサイトを運営したりしています。
※ブログテーマ移行作業中のため、一部にデザイン崩れがあります。

公共交通機関の乗り方や注意事項を解説!地下鉄・バス・タクシーの安全で上手な利用方法は?

羊くんのアイコン画像羊くん

ガイドブックって、ローマのネガティブな情報がいっぱいだよね。

makicoのアイコン画像makico

スリとかレストランやタクシーのぼったくり被害とかね...

こういった情報を事前に目にしてしまうと、危険いっぱいのローマ市内を「どうやって自分達で移動したら良いのか」または「どうやってバスや地下鉄に乗ったら良いのか」など、多くの方がきっと旅行の前に不安を感じてしまいますよね…

羊ちゃんのアイコン画像羊ちゃん

そんなに危険がいっぱいなの?!

makicoのアイコン画像makico

ポイントを押さえて注意さえていれば、全然怖いことないってー!

事前にちゃんとポイントを押さえておくことで、意外にも簡単にバスや地下鉄などの公共交通機関や、タクシーを利用することができます。

ローマの交通機関期間やタクシー、その他の諸注意についてを私の体験も合わせて解説していきます!

この記事のざっくり内容

今回の記事では、ローマ市内の移動方法である「地下鉄」「バス」「路面電車」「タクシー」の乗り方や利用の流れ、利用時の注意点などのお役立ち情報を合わせてご紹介しています!

Sponsored Links

目次

ローマの公共交通機関のチケットと種類

子供料金あり!

保護者の大人同伴が原則

makicoのアイコン画像makico

10歳以下の子供 は、チケット必要なし!

チケットの種類と料金

makicoのアイコン画像makico

有効時間は、打刻した時間から!

※一般的なチケットとは「100分券」のことを指し、一番よく利用されているチケットがこちら。どのチケットも地下鉄利用の場合のみ、一度でも地下鉄の改札を出た場合は「地下鉄+地下鉄」の利用は不可。

1回券(BIGLIETTO INTEGRATO TEMPO)

1.5ユーロ
有効時間100分
100分以内であれば、地下鉄・トラム・バスの利用が何度でも可。

24時間券(ROMA 24H)

7ユーロ
有効時間24時間
利用開始から24時間有効。地下鉄や市バスなどを1日に5回以上利用する際は、1回券よりもお得。

48時間券(ROMA 48H)

12.5ユーロ
有効時間48時間
利用開始から48時間有効。

72時間券(ROMA 72H)

18ユーロ
有効時間72時間
利用開始から72時間有効。

1週間券(C.I.S.)

18ユーロ
有効時間72時間
利用開始から1週間有効。ローマ滞在が4日間以上の場合、お得なチケット。

makicoのアイコン画像makico

英語で「Ticket」と言ってもOKですが、その場合は100分券を示します。それ以外はきちんと日数を伝えて購入すること!

私のおすすめの買い方

いざ次のバスに乗ろうと思った時にチケットが変える場所がなかったりなど、必要な時にすぐ買えないケースがあったりします。100分券を買う場合は、最初にまとめて〝2枚ずつチケットを購入しておく〟のが私のおすすめ。

※検札スタッフが乗り込んできた際にチケットがないと、50ユーロの罰金 が科されるので注意しよう!

Sponsored Links

ローマの地下鉄・バスの乗り方ガイドと利用ポイント

makicoのアイコン画像makico

では、次に公共交通機関を利用する流れをチェック!

公共交通機関を利用する流れ

STEP
チケットを購入する

以下の場所で購入しよう!
☝タバッキ
☝新聞/雑誌の販売所
☝チケット販売機 or チケット窓口
STEP
いざ乗車!

どのドアからでも乗れます

地下鉄

前方または後方車両が〝中間車両よりも混んでいない〟のでおすすめ。

バス・トラム(路面電車)

〝打刻機に近い〟前方か後方からの乗車がおすすめ。

STEP
チケットに打刻する

必ず時間を打刻すること!

地下鉄

改札機を通っているのでOK

バス・トラム(路面電車)は車内で!

車内にある打刻機を通す

チェックの人に〝打刻の忘れ〟が見つかると、50ユーロ程度の罰金が科されるので要注意!

※混んでいる時は、打刻機の近くにいる人に頑張ってお願いしましょう。

STEP
降車する

公共交通機関から降りる際は…

地下鉄

ローマでは、降車後の改札ではチケット用意の必要なし(そのまま改札を出るだけでOK)

バス

日本と同じく、下車する場所のひとつ手前でボタンを押す

トラム(路面電車)

基本的に各駅停車なので、目的地の駅で停車するのを待つ

イタリアでは、基本的に降りる場所の手前から席を立ち、出口付近まで移動して降車を待ちます。

WifFレンタルが強い味方!

makicoのアイコン画像makico

海外Wifiルーターをレンタルして、Google Map 経路案内ナビ を利用するとローマ市内の移動がグンと楽になります!

格安海外WiFiレンタルの【グローバルWiFi】

Sponsored Links

観光と合わせるなら「ROMA PASS」も便利!

makicoのアイコン画像makico

観光スポットの割引入場+ローマ市内のバスや地下鉄など、ローマ観光に便利なパスもあります!

ローマパス(48時間パス)

28ユーロ

  1. 最初に訪問する1施設の入場無料
  2. 2施設目から料金割引サービス
  3. 市内の地下鉄/バス/路面電車が乗り放題
  4. ローマ観光MAP付き

☞こちらから日本語で予約できます

ローマパス(48時間パス)
  1. 最初に訪問する2施設の入場無料
  2. 3施設目から料金割引サービス
  3. 市内の地下鉄/バス/路面電車が乗り放題
  4. ローマ観光MAP付き
  5. 割引可能な施設のリスト

☞こちらから日本語で予約できます

コロッセオの入場が予約必須に!

makicoのアイコン画像makico

入場人数制限により、予約なしでのコロッセオ入場が本当に難しくなりました…

※ROMA PASS所持者もコロッセオ入場の際は、公式サイトからの時間予約が必須となっています。

「絶対に入場したい!」という場合は、日本から現地ツアーに申し込むか、事前にチケットを購入しておくのがおすすめ!

ローマでタクシーを利用するには?

makicoのアイコン画像makico

タクシーの利用は基本的に日本と変わりませんが、なるべく大きなタクシー乗り場から乗車すること!

タクシーに乗る前に

タクシー乗り場には〝乗車するタクシーの順番〟があるので、ドライバーさんたちに必ず確認しましょう。

タクシー利用の流れをチェック

STEP
タクシー乗り場を探す

必ずタクシー乗り場から乗車する
タクシー乗り場の看板
車体のライセンス番号

不安に思う場合は...

心配な場合は、車体に記載されている「ライセンス番号」をしっかりと写メしておこう!

STEP
乗車時の注意!

口頭での料金交渉には応じないこと

土地勘のない旅行者が一番ボッタくられるパターンなので要注意。

10分程度=10€前後が目安!

どうしてもタクシーが必要な場合は、10~15€程度であれば自己判断で。

羊くんのアイコン画像羊くん

絶対にそれ以上の金額は支払わないこと!

STEP
目的地を伝える

住所などをメモしておくと便利

行先のメモを見せるだけで大丈夫なので、ホテルの住所などは必ず手元に控えておきましょう。

羊ちゃんのアイコン画像羊ちゃん

観光地の場合は、地図を見せても指差しなどでも大丈夫!

STEP
タクシーから降車する

こんなところにも注意しよう!

メーターから目を離さない

到着前にメーターを消し、料金よりも上乗せして請求してくるケースも。

メーター支払った金額を覚えておくから目を離さない

実際に支払った紙幣をドライバーが少額紙幣にすり替え、追加で金額を支払ってしまうケースも。

小さなタクシー乗り場や、深夜に乗車した場合にありがちなケースなので、なるべく大きなタクシー乗り場から乗るように!

便利なタクシー乗り場一覧

makicoのアイコン画像makico

WiFiが使える方は、Google Mapなどで経路を確認しながら だとより安心です。

テルミニ駅Piazza dei Cinquecento, 1, 00185 Roma RM
ヴェネツィア広場Piazza Venezia, 13, 00187 Roma RM
バルベリー二広場Piazza Barberini, 23, 00187 Roma RM
ナヴォーナ広場Piazza delle Cinque Lune, 33, 00186 Roma RM
サン・ピエトロ広場Piazza del Risorgimento, 32/33, 00192 Roma RM
トラステヴェレ地区Piazza Giuseppe Gioachino Belli, 2, 00153 Roma RM

☑ディープなローマ情報をチェック

最後に...

makicoのアイコン画像makico

実際に私が遭遇した、バス・タクシー内でのトラブルを紹介しておきますね!

実際に私が遭遇したトラブル

バスにて

  • バスの車内
  • モロッコ系の若い男性
  • ヴェネツィア広場の「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂」の前を通過するタイミング。

とにかく視線を上に逸らそうとする!

スリの男性のアイコン画像スリの男性

(窓の外の有名スポットを指差して)
あれ、本当にすごいよね~!

隣の男性がやけに笑顔で話しかけてきて、やたらと目線を上に持って行こうとするので不審に思い、友達にも注意喚起。

こちらは実際にスリの男性で、私たちが注意していることが分かると車内で何度も別の場所へ移動し、終点で誰かに何かを手渡し、また同じバスに乗んでいきました...。

車内での対策!

絶対にバッグから目を離さないこと!

相手が気付いていることが分かると、彼らはターゲットをすぐに変えるので、まずはチャックが開けられない様に荷物に注意を払い、相手がスリだと気付いていることをアピールすること!

※地下鉄やバスに乗る前に、彼らはすでにターゲットを選定しているので、乗車の際には必ず周りを確認するのがベスト!“スリに注意しなさい”と教えてくれた人物がスリだったケースも。

10代の女の子3~4人組には特に注意する

※服装も 一般的な若者と変わらない のでわかりづらい!

地下鉄や街の中にいるスリ地集団の多くは、こちらのモロッコ系の男性のような感じではなく、13~18才くらいの肌が少し浅黒い感じの少年少女たち。髪が長い子が多い。

makicoのアイコン画像makico

怖がらず、彼らの一枚上手を行きましょう!

何チャックの部分をしっかり押さえる

ポイントはココ!

ジプシーたちはバッグを開けることができずに、諦めてターゲットを変えます!

スリ対策のバッグなども紹介しています!

タクシーにて

  • 50代後半くらいの男性ドライバー
  • トレヴィの泉から近い小さなタクシー乗り場
  • タクシー料金を支払う時

やけに親切にアドバイスしてくれる!

ドライバーのアイコン画像ドライバー

(日本人だと分かると)
日本人は騙されやすいから、ローマでは注意するんだよ!

通常は大きなタクシー乗り場からタクシーに乗るのですが、この日は革工房「LEATHER CRAFTSMAN」のナタリーナさんの誕生会へと招待され、ワインと料理をお腹いっぱい楽しく飲んだり食べたりした夜...

利用したレストランは「NANÀ」

ここがNGだった!

バルベリー二広場まで行くのを面倒に思い、小さなタクシー乗り場に1台だけ停車していたタクシーに乗車。

ドライバーのアイコン画像ドライバー

だいぶ疲れている感じだねー

makicoのアイコン画像makico

ちょっとワインを飲みすぎちゃって...

酔ってはいませんでしたが、乗った瞬間にドライバーさんは私がお疲れモード&ホロ酔いの状態だと分かったのか、こんな会話を。

そこから「日本人は注意しないとダメだよ!」と、車内では親切すぎるくらいに色々とアドバイスをしてくれました。

そして、慣れと油断もあったのか、ギリギリまではきちんとチェックしていたメーターも、家に着いた時には消されていて...

makicoのアイコン画像makico

(まぁ、いつもとほぼ変わらない料金だから大丈夫か...)

と、20ユーロ札で支払い、財布を持っていた手元へと一旦視線を落とし、そのままお釣りを待ちました。

...ところが!

ドライバーのアイコン画像ドライバー

シニョーラ、悪いけど5ユーロしかもらってないんだけど?

makicoのアイコン画像makico

(?????)

makicoのアイコン画像makico

(…あ、お札を取り違えちゃったのかな…)

この時は自分が間違えたのだと何も考えずに思ってしまい、ドライバーが手にしていた5ユーロを返してもらい、そのまま20ユーロ札で再度支払いをしました。

タクシーを降りた後に「やっぱりおかしい!」と思って、家で財布を確認したところ2枚あったはずの20ユーロ札がゼロ...。

makicoのアイコン画像makico

倍の支払いをしたことに気が付いても、後の祭り…

そんなことがないように!

どれも自分が気を付けてさえいれば、防げることばかり!今回ご紹介した乗り方やポイントを押さえながら、「バス」「トラム」「タクシー」の公共交通機関を利用しながらローマ観光を楽しんでみて下さいね!

makicoのアイコン画像makico

ポイントを押さえて、皆さんも必要以上に怖がることなかれ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

makicoのアバター makico イタリア在住

イタリアの職人文化と革製品をこよなく愛し、ローマの片隅でゆるく生きてます。

ローマで出会った人やモノの素敵な物語を伝えていけたらと意気込みながら、マイペースにブログを書いたりサイトを運営したりしています。

目次
閉じる