※ブログテーマ移行作業中のため、一部にデザイン崩れがあります。

ローマのおすすめB級グルメ!ローマっ子たちの集う大衆食堂で「Baccalàフライ」をほうばろう

 

Sponsored Links

目次

ローマのB級グルメ〝Fritto di Baccalà〟

 

ローマが誇る名物料理のひとつ、塩漬けタラのフライ「Fritto di Baccalà」(フリット・ディ・バッカラ)。

夜の〝カンポ・ディ・フィオーリ広場〟で、バッカラのフライとビールを片手に歩くローマっ子たちの姿をよく見かけました。

いつも「どこで買っているんだろう?!」と思っていたのですが、実はガイドブックにも載っていないその〝ローマっ子たちの大衆食堂〟をたまたま発見しました!大人数の牧師さんたちが教会の前に集合していたので、写真を撮ろうと思い近づいたらすぐ右側にありました...(笑)

 

Sponsored Links

場所は〝カンポ・ディ・フィオーリ〟地区

 

あわせて読みたい
お土産探しならココがおすすめ!ローマの青空市場「カンポ・ディ・フィオーリの朝市」
お土産探しならココがおすすめ!ローマの青空市場「カンポ・ディ・フィオーリの朝市」 今回の記事では、イタリア食材のお土産探しにぜひおすすめしたい「カンポ・ディ・フィオーリの朝市」をご紹介します。 イタリア産の良質なオリーブオイルや...

 

その昔、カンポディフィオーリ広場の裏には、タラフライのお店が30軒以上も看板を掲げていたそうなんですが、現在ローマに残るお店は こちらの マルチェッロさんが経営する「Dal Filettaro a Santa Barbara」1軒だけとのこと。

 

外国人の若い牧師さんたちが教会の前に集っていました。

 

a19Y41P68EW7euiu.jpg

 

いきなり、牧師さんたちのサッカーが始まりました。

 

GNAfNbN4QQ6BE1HR.jpg

 

復活祭〝Pasuqua〟(パスクア)が近いので、キャンペーン活動の一環らしいです。

 

Sponsored Links

目印は「FILETTI Di BACCALA’」の看板

 

目印はこちら、【FILETTI Di BACCALA’】(フリッティ・ディ・バッカラ)の看板。

 

cmSGiykhe3sayfRF.jpg

 

今ではローマの名物料理として有名なバッカラは、もともとはユダヤ料理だったそう。

 

ZN9TUsFONRIJrzTj.jpg

 

お店の雰囲気はこんな感じ

 

ローマっ子たちのローマ弁が飛び交う店内。

2DFZjGcXcaN8kEw5.jpg

 

「acciughe con burro」(アンチョビーとバター)、手前はチーズ。

バターをパンに塗って、アンチョビーと一緒に食べます。

 

9r6xVezlRCgYtC91.jpg

 

ローマの野菜「Puntarella」(プンタレッラ)と一緒がおすすめ。

旬が短く、冬のほんの短い時期だけに食べることができます。

 

MsGNKI3WKUgo0s3d.jpg

 

「Firitto di Baccalà」(フリット・ディ・バッカラ)

外はアツアツでサクサク、中はしっとり。

 

uKTH3I7XExwBAym2.jpg

 

奥にあるキッチンにて、直接テイクアウトの注文が出来ます。

中にズケズケと入る勇気がない方は、

まず店員さんに伝えましょう!

 

「Dar Filettaro a Santa Barbara」へ行こう!

 
 
 

4x74UCRCI6v142sx.jpg

 

名称 Dar Filettaro a Santa Barbara
営業時間
17:30~23:00
アクセス Largo dei Librari, 88, ローマ イタリア
電話番号 +39 06 686 4018
HP FBページ
口コミ トリップアドバイザー
定休日 ●日曜/祝日

 

まとめ

 

食べ終わって店を出てみると、入店待ちのイタリア人たちでいっぱいでした!

予約が不可なので、なるべく夕方の早い時間に入るのがオススメ。

揚げたて熱々の塩漬けタラのフライは、まさにローマ庶民の味。テイクアウトして、外の広場で頬張るローマっ子スタイルもまたなかなかです。

昔ながらの職人工房と同じく、時代の移り変わりとともに、イタリアの古き良きモノが少しづつ姿を消していくのは本当に寂しいことなので、これかもずっと「ローマっ子たちの食堂」として頑張って欲しいですね。

 

https://blog.storiaunica.com/page-6002/

 

https://blog.storiaunica.com/news_covid19/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

makicoのアバター makico イタリア在住

イタリアの職人文化と革製品をこよなく愛し、ローマの片隅でゆるく生きてます。

ローマで出会った人やモノの素敵な物語を伝えていけたらと意気込みながら、マイペースにブログを書いたりサイトを運営したりしています。

目次
閉じる