ローマゆるり街歩き

【ローマの青空市場でお土産探し】おすすめ〝カンポ・ディ・フィオーリ〟の朝市へ出かけよう!

 

こんにちは。

今では当たり前にどこでも手入るイタリア産の良質なオリーブオイルや、バルサミコ酢などに代表される〝イタリア食材〟

地元のスーパーなどで色々と購入して帰るという方も多くいらっしゃるかと思います。

...ですが、皆さんもご存じの通り、オリーブオイルひとつをとっても商品によって本当に味って違いますよね。

 

現地イタリアで購入するイタリア食材は、味見をすることで〝よりイタリアらしい風味のもの〟を購入することができます。

 

さらに言うと、お料理が好きな方やイタリア食材に興味のある方、地元の雰囲気を感じてみたい方、またはお土産探しをしたい方など〝地元の方が行くように場所を見てみたい〟と思ったりはしませんか?

 

makico
makico
食材の味見もできてお土産も買え地元の雰囲気も楽しめる場所があれば一石二鳥ですよね!

 

そんなリクエストに応えてくれるのが、カンポ・ディ・フィオーリの朝市です。

 

この記事のポイント

ローマの中心部に位置し、お土産探しにも最適なカンポ・ディ・フィオーリ広場の朝市。その中でもオススメのマウロ親子が経営するお店「Mauro&Marco Berardi」をご紹介。

 

〝カンポ・ディ・フィオーリ〟とは?

 

イタリア語で「花の広場」の意味を持つ、ローマの〝Campo de’Fiori〟(カンポ・ディ・フィオーリ)は、ナヴォーナ広場から徒歩5分のところにある、15世紀から続く歴史ある広場のこと。

いつも人で賑わう歴史のある広場

 

日中は多くの人で賑わう青空市場が開かれ、レストランやエノテカなども多いこの地区は、夜はナイトスポットとして若者たちにも人気のスポットのひとつです。

 

 

歴史の爪痕も合わせて残る場所

 

この広場には現在の姿からは想像できないような、かつては処刑場だったという暗い歴史の顔があります。

そのシンボルとして、〝ドメニコ会〟の修道士であり、哲学者でもあった「ジョルダーノ・ブルーノ」(Giordano Bruno)のブロンズ像が広場の中央に建っています。

 

 

彼は、この時代では〝異端論〟とされていた「コペルニクス」の〝地動説〟を擁護したことにより、当時の教皇であった〝クレメンス8世〟の命によって、1600年にこの場所で火刑に処された人物。

拷問を交えた尋問が何年間にも渡って行われても、彼は決して主張を曲げることなく自らの思想を貫き、そのための〝異端の罪〟での処刑でした。

 

19世紀後半になり〝ヴィクトル・ユゴー〟などの博識者が集い、偉大なる先見の明と強い意思を持っていたジョルダーノ・ブルーノに関する「再評価委員会」が開かれ、この歴史の過ちを忘れないようにと、1889年に彼のブロンズ像が建てられました。

現在のような活気溢れる賑やかな市場が立つようになったのは、1869年以降のことです。

このカンポ・ディ・フィオーリ広場の界隈には、中性時代に小さな工房などが軒を連ねていた〝職人通り〟だった頃の名残りが今も残っています。

 

makico
makico
鞄屋通り(via dei Baullari)、帽子店通り(via dei Cappellari)、上着屋通り(via dei Giubbonari)などの〝通りの名前〟も歴史の風情を感じるところ。

 

青空市場でお土産探しを楽しもう

 

カンポ・ディ・フィオーリの市場で見られるのは、日本では見たことのない野菜類、新鮮なフルーツ、パスタソースやチーズ、オリーブオイル、ハーブ類、イタリアならではの食材、キッチン雑貨、花屋さんなど。

小さな広場に屋台がぎっしりと軒を連ね、忙しく対応するお店の人の姿と下町の風情を楽しむことができます。

 

名称Mercato di Campo de’Fori
おすすめ度
営業時間7:00~15:00頃まで
アクセス Piazza Campo de’ Fiori, 00186 Roma RM

 

Sponsored Links

個人的におすすめのお店!

 

お土産選びにしても色々とお店があるので迷ってしまうところですが、よく見ると売っているもの自体は大体が同じラインナップ。

しかしながら、お店によって価格や梱包や対応が様々だったりするので、できることであれば安心してお買い物が出来るお店で〝地元の方との交流も楽しみながら〟のお土産選びを楽しみたいところです!

マウロ親子のお店「Mauro&Marco Berardi」

 

makico
makico
オーナーの「マウロ」は主にレジを担当!

 

イタリア人男性は、写真撮影に際には〝必ず眼鏡を外し〟全く違うイケメン(?)のイメージとなるのですが、普段は眼鏡をかけています。

 

 

makico
makico
お肉屋さん部門を担当しているのが、マウロの息子さんで写真右側の「マルコ」。マルコの横にいるのが、バングラデシュ人の「カラム」

 

 

二人とも、いつも笑顔がとっても素敵なナイスガイたち!

 

makico
makico
下の写真の奥に写っている白髪の男性はマルコのおじいちゃんで、彼もこの部門を担当するひとりです。

 

 

私のイチオシ〝B級グルメ〟
豚の丸焼き「ポルケッタ」(Porchetta)がある場合は、本当にとっても美味しいのでぜひチャレンジを!

 

ポルケッタ入りパニーノをランチにしたり、真空パックにしてくれるので、ポルケッタやサラミ、生ハム(何枚スライスという注文でもOK)などを食べる分だけを購入し、ホテルでビールやワインと一緒に食べるのもおすすめです。

 

 

makico
makico
そして、こちらの彼が私がお店で一番最初に仲良くなったバングラデシュ人の「アリ」

 

 

彼は〝トリュフ〟〝オリーブオリーブオイル〟〝バルサミコ酢〟〝ペースト〟などの部門を担当していて、とにかくダイナミックに味見をさせてくれます。とにかく明るくて親切!

 

 

そして、忘れてはならないのが...

 

makico
makico
自称〝マスターシェフ〟こと、スパイスコーナーを担当する「ファブリツィオ」(左)と、主にレジを担当している息子さんの「ヴァレリオ」(右)の親子!

 

 

彼はパスタに混ぜるだけでOK!なハーブやスパイス類コーナーを担当していて、(自称マスターシェフなだけあって)使い方などを〝ちょっと怪しい日本語〟を混ぜながら丁寧に教えてくれます。

 

 

〝量り売り〟で購入するタリア料理のスパイス類」は、彼らが品質にこだわって全て自家製で作っている良質なものばかりなので、こちらもパスタがお好きな方やお土産にはおすすめ。

 

makico
makico
そして、最後に紹介するのは〝アリの実弟〟「モハメッド」

 

 

彼はアリたちのいるお店から少し離れた〝真ん中くらいの区画〟(ジョルダーノ像を正面から見た左手側)にいますが、こちらも同じくマウロのお店のスタッフ。

最初、私はこの兄弟と、他にもう一人よく似た別のお店のバングラデシュ人の若者の見分けが全く付きませんでした...笑

 

オススメはトリュフ関連の食材

 

makico
makico
イタリアの特産品のひとつである、高級食材〝トリュフ〟に関連した食材を味見しながら買えます!

 

日本では高級食材と呼ばれるものになるので、何か特別な場所ではない限り、あまり普通の生活で口にすることはありませんよね。

そんな高級食材もトリュフの名産地イタリアでは、お手頃価格で購入することができます。

〝食べたことのない人〟こそ味見を!

 

makico
makico
アリと、反対側の区画にいる弟さんもお同じく担当しているコーナーなので、豪快に味見をしてお気に入りの一品を選んで下さいね。

 

 

おすすめ!
makico
makico
〝バター〟〝トリュフ〟のミックスペースト(下の写真中央の白いペースト)が私のイチオシで、日本人観光客に人気があります。

 

 

トリュフの香りや味がお好きな方は、そのままのトリュフが入っているタイプもおすすめです!

こちらのお店では購入した商品を〝プチプチ〟で梱包してくれて、カードでの支払いもOK。

 

どの区画にお店があるの?

 

「Mauro&Marco Berardi」がお店を出しているのは、広場の中央に位置する〝ジョルダーノ像〟の背面右奥の区画。

 

makico
makico
下の写真のアングルで言うと、こちら側とは反対の奥側〝ジョルダーノ像の背面の右奥側〟の区画です。

 


Sponsored Links

 

まとめ

 

お店を仕切るローマっ子たちの活気と、訪れるたくさんの方たちの〝元気とエネルギー〟が集まる場所、それが〝カンポ・ディ・フィオーリの青空市場〟です。

 

makico
makico
お土産に喜ばれるような小さな可愛い瓶に入ったイタリア食材やキッチン雑貨、そして本格的な食材までもが揃い、見ているだけでも楽しい市場です!

 

 

市場内では同じような商品を売っていても、お店によってお値段が結構違っていたり、お店の方の対応や梱包の仕方もまちまちなので、色々とお店を見て周ったりしながら、自分が納得のできるお店で商品を購入するのが一番大切

 

makico
makico
ご紹介したお店を訪問される際は〝makicoのブログを見たよ〟とこの記事を見せるか、またはブログを見た旨を一言お伝え下さいね。(アリに伝えるのが一番確実!)

 

お伝えする事で、みなさんが「ローマ」と「日本」のストーリーを繋ぐ〝大切なたったひとりの存在〟です。関わる方がみんなで嬉しいをシェアしながら作っていく、そんなキッカケになるようなブログであれたらと思います。

 

何よりも現地の方たちにとっては、〝自分たちの記事を日本からのお客さんが読んでくれてたこと〟がとにかく嬉しいようなので、気軽に声をかけて、地元の方と交流しながらローマの街を楽しんでみて下さいね☆*.。。

カンポ・ディ・フィオーリのレストラン情報

 

makico
makico
ここで、お土産に〝リモンチェッロ〟などのリキュール類を購入したい方という方のために〝ここだけの特別情報〟をお教えしちゃいますよ!
リキュール類を販売しているお店は、お店によって値段がかなり違うので、もしアリのところで何かお買い物をされた場合は、彼にその旨を伝えると隣のお店のお友達に声をかけてくれて、良心的価格で購入できます!
 

 

【おすすめを一挙ご紹介!】ローマ街歩き情報まとめ一覧 ローマで「買う」「食べる」「体験する」 お買い物(ショッピング)編 https://blog.storiau...

 

 

こちらの記事もおすすめ!
ローマゆるり街歩き

味の好みは十人十色、地元イタリア人が薦めるレストランとは?!

2015/08/26
イタリア職人製ハンドメイド雑貨「storiaunica」Blog
先日、「ついに」うちの近くにある「地元イタリア人に人気」のオステリア(堅苦しくない居酒屋のようなイメージのお店のこと)へ日本人の友達と行って …
ローマゆるり街歩き

【イタリアの革道具店】ローマで想いを繋ぐ「職人さん御用達」レザークラフト道具店

2019/02/20
イタリア職人製ハンドメイド雑貨「storiaunica」Blog
    レザークラフトに関わっている人でなくても大丈夫!   こんにちは。 大好きなバッグや愛着のあるもの、「ここがもう少しこ …
ローマゆるり街歩き

【ロ―マ/コロッセオ近く】〝シーフード料理がおすすめ〟お洒落なレストラン「Maracuja」

2015/08/22
イタリア職人製ハンドメイド雑貨「storiaunica」Blog
ローマに滞在される方から、結構な確率で聞かれる質問のひとつがこちら。コロッセオといえば、世界遺産にも登録されている「定番 …