※ブログテーマ移行作業中のため、一部にデザイン崩れがあります。

ローマで“メンズ”革ジャケットを探すならココ!革製品に想いを込めるショップ「LAVORAZIONE」

街歩きのお手伝いをさせていただく際、特に男性の方から〝メンズの革ジャンを購入できるオススメのお店はありますか?〟と、聞かれる機会がとても多いです。

こんにちは。

革産業では世界No1レベルの技術と伝統を誇るイタリア、こだわりのある男性ならば尚更のこと〝イタリアの上質なレザー〟から作られる「一生モノの革ジャンを買う!」と意気込んで来られる方も多いかと思います。

makicoのアイコン画像makico
男女問わず本当にカッコ良くレザージャケットを着こなすイタリア人、憧れちゃいますよね!

しかしながら、〝革工房「Leather Craftsman」〟のアルド職人曰く、最近のローマでは外国人がお金儲けのために伝統をリスペクトすることなく〝Made in Italyのレザーショップをオープンしているところも多くあるそうで、実際に作っている人やその背景が見えなかったり、街歩きの中ではなかなか違いも分からないところ...。

あわせて読みたい
ローマの“熟練職人”アルドさんが作るハンドメイドの革製品!心に響くイタリアの革製品たち
ローマの“熟練職人”アルドさんが作るハンドメイドの革製品!心に響くイタリアの革製品たち【ローマで革製品を買うなら、このお店!】 先日「トレヴィの泉」の近くにある、ローマで革製品を買うなら絶対に〝私が一番オススメする〟アルドさん&ナタリーナ...

その逆に、外国人経営者のお店でも想いやストーリーを心から大切にしている、〝イタリア人も認める素晴らしいお店がたくさんあるという事実も忘れないで下さいね!大切なのは、その時に自分がどう感じるか。

makicoのアイコン画像makico
とりあえず、なかなかお洒落なレザージャケット専門店を見つけるのが難しいローマ...

Sponsored Links

目次

ローマで〝革ジャン〟を買いたい

makicoのアイコン画像makico
フィレンツェに比べるとレザーショップの少ないローマだからこそ、素晴らしいお店との出会いがあったりします。

革製品と言えば、革なめし産業の中心である〝サンタクローチェ地区〟を有するトスカーナ州のフィレンツェがとても有名なのですが、逆に有名な分だけお店の数がとにかく多いので、そこで悩まれてしまう方も多いのではないでしょうか?

〝フィレンツェで買わなければ!〟という切迫観念と焦りに囚われて、妥協でつい買ってしまったしまったという方もチラホラ...

お店の数が多ければ多いほど、形、色、デザイン、「超お手頃なもの」から「数十万円~単位の高級品」まで、色々と選択肢が出てきますよね。

makicoのアイコン画像makico
...優柔不断の私は、そこで悩む!

せっかく革の本場イタリアで革製品を購入するからには、私自身は〝長く大切にしたい〟という気持ちが強いので、「安い」や「高い」というよりも、高すぎず安すぎず〝自分に手の届く範囲〟で、愛着を持って大切にできるものを購入したいという想いがあります。

そこで私が大事に思うのが、こちら。

  1. 誰がどこで作っているか
  2. 商品に対する想い
  3. どれだけ着る方を思って作っているか

イタリアは小さいお店が多いので、こういう部分がダイレクトに見えるということもあり、結局は自分の住んでいるローマで、何気なしにフラッと入ったお店で素敵なレザージャケットに出会って購入するというパターンが多いです。

makicoのアイコン画像makico
...ですが、今回はレザージャケットを求める男性のために〝全てハンドメイドで制作されているローマの素敵なレザーアパレル専門店」をご紹介します!

Sponsored Links

男性必見!お洒落な革製品が揃うお店

こちらのお店LAVORAZIONEは、トスカーナに自社工房を持つ家族経営のレザーアパレルブランドです。

makicoのアイコン画像makico
お店で出迎えてくれる「サム」は、経営者ファミリーの息子さんで、フィレンツェで芸術を学んだ経歴の持ち主!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20190914170105_IMG_1334_1.jpg

思わず〝ここは東京か?!〟と思ってしまうようなお洒落なお店は、アンティーク時計工房「Polvere di Tempo」のアドリアン職人のお店と同じ通りの並びにあります。

あわせて読みたい
アンティークな天体雑貨が素敵!ローマで優しい時間を紡ぐ職人工房「Polvere di Tempo」
アンティークな天体雑貨が素敵!ローマで優しい時間を紡ぐ職人工房「Polvere di Tempo」ガイドブックなどでもお馴染み、ローマの下町 と呼ばれるテヴェレ川の先にある「トラステヴェレ」地区。石畳の路地裏に小さな素敵がいっぱい詰まった、古いローマの風景...

とってもお洒落なお店ながら、なぜか普通に入りやすかったので、入って色々と聞いてみたところ「1年以上前からある」との事でしたが、失礼にも全く気付かず...

makicoのアイコン画像makico
お店を訪れてくれる日本からのお客さんのため、お店のストーリー商品へ彼らが込める大切な想いなどを笑顔で色々とお話をしてくれました。

手に取りやすい価格が魅力的

何よりもオススメしたいと思うポイントは、お店にセンスの良さと、商品のデザインのお洒落さ。そして極めつけは、〝安すぎず高すぎず〟の価格設定。タックスフリー手続きを含めると、リーズナブルと言える価格。

makicoのアイコン画像makico
個人的には〝ローマで革ジャンを買う〟と意気込んできた学生さんにも十分に手が届く範囲だと思います。

今まで私が革ジャケットを購入したお店というは、いわゆる「洋服屋さん」でしたが、こちらはイタリアのハンドメイド革製品にこだわって専門的に制作しているブランド。

レディース商品の数は少ないですが、レディースラインの革ジャンや、すべてハンドメイドでデザインにこだわって作られるレザーシューズなどは、他では出会えないようなイタリアならではの高品質でデザイン性の高い商品を扱っています。

makicoのアイコン画像makico
イタリアの革ジャケット専門店などによく見られる〝ちょっとした古臭さ〟が全くなく、シンプルで長く大切にできるお洒落なデザインもおすすめのポイント。

こちらのお店の商品は〝イタリアの伝統的な革工房によるお仕事〟でありながら、若いデザイナーさんの感性から生まれるお洒落なデザイン。作っている方たちのストーリーや、製品への愛情や想いがきちんと伝わってくるのも本当に素晴らしいところ。

ベルトはその場でセミオーダー制作

makicoのアイコン画像makico
こちらのお店でもうひとつ、ぜひオススメしたいのがベルト

「LAVORAZIONE」のベルトは、店内にある豊富な種類のバックルからお好きな物を選び、これまたお好きな革ベルトとステッチ糸を組み合わせて、自分だけのオリジナルを〝セミオーダー〟にてその場で制作してくれるというユニークなもの。

バックル選びは、宝探しのように楽しく金具の山の中からお気に入りをひとつ選び、ベルト部分のレザーの色や、ステッチなどで、とにかく組み合わせによってイメージが全然違ってくるので、ローマで「世界にたったひとつ」のオリジナルベルトを作ってみるのも素敵ですよね。

makicoのアイコン画像makico
店内にある完成品も購入可能です!

Sponsored Links

「LAVORAZIONE」へ行ってみよう

お店があるのは〝トラステヴェレ地区〟

緑のツタが絡まる、昔ながらのローマの路地裏の風景と街並みが残るトラステヴェレ地区。ピザ窯の有する良質なPizzeriaや、アペリティフを楽しめるお洒落なお店なども多くあり、地元のローマっ子からも愛されている場所です。写真好きの方にも、ぜひ訪れてみて欲しい場所のひとつ。

Trastevere地区へのアクセス方法

makicoのアイコン画像makico
テルミニ駅からバスまたはタクシーで、約15~20分ほどの場所にあります。
アクセス

公共交通機関や徒歩でのアクセスの場合は、始発のベネツィア広場からトラム(路面電車)8番に乗車するか、カンポディ・ディ・フィオーリからの徒歩(約10分)、テルミニ駅からバス「H」がおすすめ。

ポイント!
バスやトラムを利用する場合は、「テヴェレ川を渡ったら降りる」と覚えておくと簡単。テヴェレ川の上を通過するのは一度だけなので、橋を渡し始めたらボタンを押して下さいね。(トラムは各駅停車なので何もする必要はないので、橋を降りたら下車)

トラステヴェレでは必ず多くの方が下車するので、分からない場合は周りの方に降りる場所を聞くと〝必ず誰かしらが〟親切に教えてくれます。

お店の場所はここ!

名称 LAVORAZIONE
営業時間 11:00~20:00(夏季22:30)
アクセス Via del Moro, 47 00153 Roma RM
電話番号 +39 06 5832 0801
定休日 なし(特別な場合を除く)

まとめ

makicoのアイコン画像makico
ローマでレザージャケットをお探しの方に、全力でオススメしたいお店が今回ご紹介したLAVORAZIONEです。

全体的に男性向けの商品がメインとなっているのですが、ローマで革ジャケットを購入したいと思っている男性にはぜひ覗いてみてほしいと思うお店です。レディースラインは少ないですが、レディースの革ジャケットも扱っています。

オリジナルデザインを大切にして作られている革靴は、メンズ・レディースともににこだわりを持っている方〟にも本当におすすめ!

makicoのアイコン画像makico
私にとって、「日本人=お金」的なものが見えるお店の商品は、どんなに素晴らしいものであっても、正直身に着けたくないと思ってしまうので、お店に入った瞬間のワクワクした気持ちや、手に取った時の感動なんかもすごく大切!

こちらのお店には、そんな気持ちに応えてくれるような〝作り手のストーリーと思いが込められた〟素晴らしいハンドメイド商品が揃っていますので、実際に自分自身の目と心で触れ、お店で出会う商品との素敵な〝出会い〟や〝縁〟を大切にしてみて下さいね。

makicoのアイコン画像makico
まだまだローマでは知る人ぞ知るこちらのお店。お店を訪問される際は、makicoのブログを見たよとこの記事を見せるか、またはブログを見た旨をサムに一言お伝え下さいね!

みなさんのひとりひとりが「ローマ」と「日本」のストーリーを繋ぐ、そんな“大切なたったひとり”です。ローマでの出会いをシェアしながら関わる方たちみんな作っていく、そんなブログにしていけたらいいなぁと思っています。

革職人工房でのオーダーメイド制作や、工房でのお買い物サポートのご依頼などもお受けしていますので、言語に不安がある方などもお気軽にお問い合わせ下さいませ。

このエリアならこの店もおすすめ

https://blog.storiaunica.com/news_covid19/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

makicoのアバター makico イタリア在住

イタリアの職人文化と革製品をこよなく愛し、ローマの片隅でゆるく生きてます。

ローマで出会った人やモノの素敵な物語を伝えていけたらと意気込みながら、マイペースにブログを書いたりサイトを運営したりしています。

目次
閉じる