ローマで出会う素敵なアンティーク天体雑貨、ノスタルジックな「時間のかけら」を紡ぐ職人工房。



ローマの路地裏に佇む、〝時間のかけら〟という名の工房

 

ガイドブックなどでもお馴染み、ローマの下町 と呼ばれるテヴェレ川の先にある「トラステヴェレ」地区。

 

石畳の路地裏に小さな素敵がいっぱい詰まった、古いローマの風景が残る私も大好きなトラステヴェレ地区。この場所の情緒あふれる石畳の路地裏に、ちょっと 秘密にしておきたい素敵なショップ があります。旅行でローマを訪れる方のお土産選びにも、是非おすすめのの工房兼ショップです。

 

イタリア語で〝時間のかけら〟を意味する、「Polvere di tempo」(ポルヴェレ・ディ・テンポ)という名のロマンチックなアンティーク時計工房です。時をテーマにしたオブジェを職人さんが全てハンドメイドにて仕上げています。

 
☟アドリアン職人のストーリーはコチラから

 

ローマでしか買えない、優しい〝時間〟のオブジェたち。

アドリアン職人が店舗奥の工房スペースで作るのは、太陽や月に合わせて時間を調べる ロマン溢れるアンティーク時計。秒針がカチカチと忙しく動く現代の「時計」ではなく、機械や電池を一切使わずに 地球の自転などを利用して「時を知る」優雅な時計たち。実際に中世やルネッサンス時代に使われていた時計を、実はアドリアン職人が精巧に現代へと再現したものとなっています。

柔らかな照明に照らされる、ハンドメイドで作られた アンティーク地球儀天球儀、たくさんの砂時計たち、大航海時代を思わせるセピア色の地図コンパスなど、とにかく静かで心地よい時間が店内には流れています。ファンタジー映画のワンシーンのようなノスタルジックな雰囲気も、建築士のアドリアンさんならでは☆*.。

 

 

eSEsUJ7UNHLeedIJ.jpg

 

 

 

ローマのお土産にもオススメです☆*.。

太陽や月や星たちが、ゆっくりと時間を教えてくれる、アドリアンさんが作るアンティーク時計たち。忙しさに疲れてしまった大切な人へ、自分へ、優雅で優しい「時間」のプレゼントなんていかがでしょうか 。

 

 

※通常は日曜日も営業しています。

 

☟コチラの記事も合わせてどうぞ

 

 

「storiaunica」blog_バナー画像

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

サイト運営者のmakicoです。イタリアの職人さんたちの素晴らしい「想い」や「物語」を、少しでも多くの方の元へ届けていきたいとの思いからサイトを始めました。商品のこと、イタリア職人さんたちの日常、等身大のローマ、観光情報、海外起業「為せば成るのか?!」奮闘あれこれなど、気ままにお届けします。