※ブログテーマ移行作業中のため、一部にデザイン崩れがあります。

日帰りの旅、ボローニャへ。

Sponsored Links

目次

ちょっと早起きして、ローマからボローニャへ

makicoのアイコン画像makico

日本から来た友人と、日帰りでボローニャへプチ旅行してきました!

ローマからボローニャまでは、フレッチャ系統の列車(いわゆる高速列車)で2時間ちょっとの旅。フィレンツェと同様にローマからも日帰りでも十分に行ける距離です(^ー^)ノ☆*.。

ボローニャは喧噪だらけのローマとは大きく違い、赤いレンガ色に染まるバロック時代の息吹が今でも残る美しい古都。ヨーロッパ最古の大学「ボローニャ大学」を擁する、学問の街としてもその名を知られています。

市庁舎などがある街の中心、マッジョーレ広場。

5Qb6wkJk2F26mVaL.jpg

特徴的なポルティコ(portico)と呼ばれるアーチ型のアーケード。

sLA0o7nsE9ZDqsaZ.jpg

 サン・ペテロニオ聖堂、窓から差し込む光。

2907BAq4ihd5V0UQ.jpg

お洒落なお菓子屋さんで見つけた、ボローニャの斜塔チョコレート。

0hg2HUgMLy2dOYpW.jpg

そして、ボローニャは食の文化を誇るイタリアの中でも「食の街」として有名です。

以前に母とボローニャを訪れた際、ホテルの人から薦められて入ったレストラン「Cesari」にて、二人とも楽しみにしていたランチタイム。

お店の雰囲気も良く、個人的にもオススメのレストラン。

uXaKaX9M4FxNtLxc.jpg

料理も本当に美味しく、店員さんもとっても親切。

CkLpwxVpw1ZK0GLj.jpg

ボローニャで絶対に押さえておきたい、モルタデッラ(Mortadella)

HdrCkwrwkvYXe56U.jpg

トルテッリーニ・アル・ラグー(tortellini al ragù)

PYukzqZMSpLLdPLz.jpg

 実は、メニューにあったのは「トルテッリーニ・イン・ブロード(コンソメスープ)」だったのですが、とりあえず聞いてみたら快く作ってくれました。イタリアはメニューに載っていないものでも、聞いてみると案外作ってくれたりします(*´▽`*)

<<Ristorante Cesari>> 

Via Dè Carbonesi, 8, 40123 Bologna

+39 051 237710

makicoのアイコン画像makico

ローマのカオスから少しだけ逃れて、優雅に過ごしたプチ旅行でした!

https://blog.storiaunica.com/news_covid19/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

makicoのアバター makico イタリア在住

イタリアの職人文化と革製品をこよなく愛し、ローマの片隅でゆるく生きてます。

ローマで出会った人やモノの素敵な物語を伝えていけたらと意気込みながら、マイペースにブログを書いたりサイトを運営したりしています。

目次
閉じる