イタリアの職人さんから届く ❝たったひとつの物語❞革製品「storiaunica」

【Covid-19感染への対処】イタリアで新型コロナウィルスに感染してしまったら?

イタリア国内で新型コロナウィルス情報(Covid-19)の感染が疑われた場合、どのように対処するべきかを記載しています。

makico

新型コロナウイルス感染が疑われる症状(注1)が見られた場合に,イタリア保健省から以下のとおり対応するよう指示されています。

Sponsored Links

目次

コロナ感染が疑われる場合の対処

こんな時はしかるべき対処を!

  1. 37.5℃を超える発熱と呼吸器症状がある場合、自宅に待機し(電話で)医師に連絡する。
    ※病院の救急診療(pronto soccorsoや診療所を受診してはならない。
  2. 家庭医(またはかかりつけの小児科医)、Guardia Medica(夜間・休日等の継続的医療補助)、各州特設フリーダイアル(下記参照)に電話で症状を説明して医師の指示を仰ぐ。
    ※お住まいの州の特設フリーダイヤルには,家庭医制度に登録されていない方も問い合わせることが可能です。


http://www.salute.gov.it/portale/nuovocoronavirus/dettaglioFaqNuovoCoronavirus.jsp?lingua=english&id=230#2(英語)

特設フリーダイアル

イタリア保健省フリーダイアル:☎ 1500(24時間対応)

州別フリーダイアル

カラブリア州800 76 76 76
バジリカータ州800 99 66 88
カンパニア州800 90 96 99
ラツィオ州800 11 88 00
マルケ州800 93 66 77
プーリア州800 713 931
サルデーニャ州800 311 377
シチリア州800 45 87 87
トスカーナ州800 55 60 60
ウンブリア州800 63 63 63
アブルッツォ州
ー ASL n. 1
ー ASL n. 2
ー ASL n. 3
ー ASL n. 4

ラクイラ : 118
キエティ-ランチャーノ -ヴァスト: 800 860 146
ペスカーラ: 118
テラモ: 800 090 147
モリーゼ州 0874 313000
0874 409000(要市内電話料金)

参照サイト

・イタリア保健省ホームページ

・在イタリア日本国大使館

・在ミラノ日本国総領事館

・10月22日保健省命令(抄訳) 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる