-artigiano- 職人。

おしゃべりをしながら、

慣れた手つきで無造作に壁にかけられた手書きの型紙を探し出す。

PC102066-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迷うことなく、思い切りよく革を切る。

大きくて力強い手が、いつも手際よく音楽を奏でるように仕事をしていく。

PC102080-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな頃からずっと作り続けてきたもの。

PC102079-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人になってからも、ずっと作り続けてきたもの。

PC102075-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背中の曲がったおじいいちゃんになっても、

ここで一生懸命に想いを込めて作るもの。

PC102082-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、誰かに「クラッシック」だと言われても。

時代が変わり、昔とはすっかり何かが変わってしまった今も。

PC142321

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その手はシワシワでも、いつも誰よりも力強い。

PC142323

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、「職人」という人たちの今。

PC102069

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らが生み出すオペラのような壮大な「物語」を、

少しでも今に残していきたい。

PC102071

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たったひとつでも、ふたつでも。

誰かに「古臭い」と言われても。

PC102072

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おじいちゃん職人の作るバッグを、少しでも多くの人に届けたいと思う。

PC142324

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつか、ローマの小さな工房の偉大なる「たったひとつの物語」が、そこに確かにあったという大切な証になるのだから。

この気持ちを、ずっとずっと大切にしていきたい...☆*.。

 

「storiaunica」blog_バナー画像
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ヨーロッパ雑貨へ
にほんブログ村

バッグ・小物 ブログランキングへ

 

店長の makico です。イタリアの職人さんたちが作る素晴らしいハンドメイド商品を少しでも多くの方の元へ届けたいと思い、無謀にもイタリアでゼロから起業!ショップの事、商品のこと、職人さんの日常、イタリア情報、海外起業「為せば成るのか?!」奮闘あれこれなど、気ままにお届けしていきます☆*.。

スポンサードリンク