イタリアの職人工房、そこにあるもの。

イタリアの職人たちは否定するけれど、大量生産のアイテムが悪い訳じゃない。

安くて可愛いのは、誰にとっても間違いなく魅力的...。

売れるのにはいつも理由があって、その理由を作る工夫は大切だ。

お店に入る時、商品を選ぶ時、大事なポイントは人それぞれだけど。

ローマのフェルッチョ職人の工房は、お世辞にもお洒落とは言えない。

商品も工房内もカラフルじゃないし、半地下だから何だかちょっと暗めだ。

 

P4020066-1

そんな、歴史的職人のクラッシックな工房に変わらずにずっとあるもの。

古びたミシン。

年季の入ったハサミ。

膨大な手書きの型紙。

クラッシックな本革バッグ。

革のイメージを代表するようなカラーのイタリアンレザー。

その他イロイロ。

P4020034-1

そして、私が何よりもいつも変わらずにあると感じるもの。

フェルッチョ職人の〝革への愛〟だ。

革を心から愛する職人が作るバッグが素敵じゃないハズはない。

それこそが、イタリアのハンドメイドが長く愛される理由だと思う。

 

「storiaunica」blog_バナー画像
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ヨーロッパ雑貨へ
にほんブログ村

バッグ・小物 ブログランキングへ

 

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

サイト運営者のmakicoです。イタリアの職人さんたちの素晴らしい「想い」や「物語」を、少しでも多くの方の元へ届けていきたいとの思いからサイトを始めました。商品のこと、イタリア職人さんたちの日常、等身大のローマ、観光情報、海外起業「為せば成るのか?!」奮闘あれこれなど、気ままにお届けします。