リニューアルの予定と、お知らせ。

ローマは日中は25℃くらいの汗ばむ陽気となりました♬

イタリアの夏はもうすぐ(イタリア人曰く)です (´▽`*)

そして、すでに 真夏ようなような格好をした外国人観光客 と、それでも ダウンを着たイタリア人たち とのギャップに相変わらず笑ってしまったりの季節でもあります。

ただ、夜は少し肌寒いので、ご旅行の際は寒暖の差に風邪要注意です(^_-)-☆

そんな私は、実は明日から日本に帰国の予定です。

この1か月間、やっとやっと色々なことが前に進み始め、少しづつですが色々とご紹介できる工房や商品の準備が出来てきています。普通のショップさんだったらとっくに出来ていたであろうことに、本当に本当に時間がかかりました (ノД`)・゜・。

それでも、そのおかげで素敵な職人さんたちの素敵な物語をたくさんお聞きすることができ、たくさんの素敵な写真を撮らせてもらったり、偶然の素敵な出会いで取引させてもらえることになったり ★☆;+*★+;。

ページの文章を書くにもイタリア語で聞いたことや、イタリア語の文章を日本語に翻訳したりに本気で悪戦苦闘し、相棒のアメっちゃんとケンカしながらも根気強く説明してもらったり。日本語って難しいと実感したり。アメっちゃんのように外国語に堪能でもなく、海外ナイズもされていない超日本人の私は、自分は外国人なんだと本当に実感して落ち込んでみたり。

それも、やっぱり私たちの「たったひとつの物語」

P4061282-1

そして、色々と考えたのですが、中途半端に商品をアップしていくのではなく(前回のブログでも書きましたが)きちんと自分なりのベストで商品や職人さんたちの素晴らしい「物語」を伝えていきたいと思いました。

そのため、この帰国期間中はショップを一時お休みすることを決めました。

そして、この期間中にもっと利用しやすいようなお支払い方法、送料、色々なサービスを検討し、もっともっとショップを充実したものにしようと思います。「母の日」には間に合いませんが、少しだけリニューアルのお時間をいただけら嬉しいです。

日本にいた頃から、

ずっとイタリアの職人さんの仕事に憧れていた私。

ずっと、革製品が大好きだった私。

ずっとずっと、

何の素晴らしい経歴もない一般人には何にも出来ないと思っていた私。

バイタリティー溢れることをして素敵に輝いている人と、

自分は違うと思ってただ憧れていた私。

日本での経歴がすでに素晴らしものであったり、

英語が堪能だったり、

または現地での強いコネからがあったり。

そんな、海外で活躍する素敵な女性たち。いつもただ憧れては、自分とは違うと思ってみたり。でも、本当はそんなことばかりではありませんでした。ちょっとだけ勇気を持って下手くそなイタリア語で聞いてみたことは本当に単純で、ダイレクトすぎるかも知れないけれど「日本で商品を売ることに興味はありますか?私はイタリアの文化が大好きで、それを日本へ伝えたいと思うんです。」そこから。

ちょっと予告ですが、これから扱う予定のバッグは、デザイナーさんと会って直接お話することが出来ました。

それも、本当に偶然のおかげ。

私が特別な訳でも何でもなくて、下見に入ったハンドメイドバッグのお店で、アメっちゃんが店員さんに話してみてくれたところ、その店員さんはデザイナーさんの姪っ子さんで、ちょうどデザイナーさんがこれから荷物を届けにくるから直接話した方が良いと言ってくれて、お会いすることに (*^▽^*) その後も何度かお店に行きましたが、姪っ子さんに会えたのはその一度きりで、いつもは別の店員さんたちです。

今でも本当に不思議に思うことや、嘘みたいに思うことばかり。

ずっと憧れていて、イタリアに来る前まではネットショップの写真でしか見たことのなかった「イタリア職人」さんたち。そんな素敵な写真の職人さんたちは、おしゃべりだったり、本当は少しドジだったり、いつも冗談ばかり言っていたり、日本に興味津々だったり。写真ではしか知らなかった彼らですが、そのには「人」としての素敵な魅力がいっぱいあって。

そんな職人さんたちとお話したり、雲の上だと持っていた「デザイナー」さんが工房に招いてくれて、アメっちゃんと3人で一緒にお茶したり。

憧れや夢は、どんな普通の人でもやってみることで現実になるということを教えてもらったり。それは、やっぱりやってみなければば叶うことはありませんでした。やってみたから、夢みたいだった「まさか」が本当になりました。今でもやっぱり嘘みたいに思うことばかりですが、それはきっと海外でも日本でもみんな同じ。

 Meglio tardi che mai

( 例え、どんなに遅くても、やらないよりもずっと良い )

私の背中を押してくれた言葉であり、デザイナーのカルロの言葉であり、アメっちゃんが私に100回は言ってであろう言葉であり、イタリアの【ことわざ】です。

「カラーミーショップ大賞2015」にノミネートしていただき、たくさんの人の優しさから多くの一票をいただだき、それもダメ元でもエントリーしてみたから、0%だと思っていたものが0%ではありませんでした。本当に嬉しい気持ちで今もいっぱいになって (*^▽^*)

中途半端ではなく、色々ともっと頑張ってみようと思い、ご迷惑をおかけしてしまうことを承知で決断いたしました。

そんな理由から、皆様には大変ご迷惑をおかけけしてしまいますが、

4/16~5/16までの一か月間はショップの受注をお休みさせていただきます。

サイトを「リニューアル」表示にしてしまうと、職人さんたちの「物語」も見られなくなってしまうので、サイトはあえてリニューアル表示にはせずに、従来通りの閲覧が出来るようにしておきます。受注の方は一旦ストップいたしますが、この期間中に扱う予定の工房ページと、職人さんたちの「物語」ページはアップしていく予定です。私に出来ることは微力ですが、それでも、何よりもイタリアの職人さんたちの物語を少しでも多くの方たちに知ってもらえたら嬉しいです(*^_^*)

大変申し訳ございませんが、どうぞご協力をお願いいただけたらと思います。

カルロのバッグは本当に素敵で、人としても素晴らしい魅力を持ったデザイナーさんです(^-^)☆ どうぞ、楽しみにお待ち下さいませ ♫•*¨*•.¸¸♪✧

カルロの情熱から生まれた、

素敵なオリジナルバッグたち。

DioGzW6gkchObcNd.jpg

 

投票終了まで、あと1日となりました (*^_^*)

こちらからも、良かったらご協力をお願いいたします♬

d136-1617-548187-0 「storiaunica」blog_バナー画像

店長の makico です。イタリアの職人さんたちが作る素晴らしいハンドメイド商品を少しでも多くの方の元へ届けたいと思い、無謀にもイタリアでゼロから起業!ショップの事、商品のこと、職人さんの日常、イタリア情報、海外起業「為せば成るのか?!」奮闘あれこれなど、気ままにお届けしていきます☆*.。

スポンサードリンク