いつもの大好きな場所、ローマのレストラン「サンティ」。

寒かったと思えば、急に日中は30度超えのローマ。

日中はとにかく日差しが強いので、日本から来られる方は 日焼け止めをお忘れなく ( `ー´)ノ

急に寒くなる時もあるので軽い羽織り物があった方が良いのですが、夏と海を愛するイタリア人たちはすでに海へ出かけ始めていたり。...かと思えば、厚着をしたシニョーラたちも。イタリア人は結構な寒がりです。

先週はランチと夕食と、テルミニ駅からすぐの場所にあるサンティおじいちゃんのレストランへ。その名も、おじいちゃんの名前そのままの  Ristorante「SANTI」(サンティ) ;+*(★`∪´☆)*+;。

誰もが知っているガイドブック「地球の歩き方」にも掲載されており、日本語メニューもあるので、日本人の方も多く訪れる家族経営のレストランです。夜の開店時間も他のレストランよりも早めです。

御年77歳の サンティおじいちゃん と、マンマこと奥様の アントニエッタ、そのお二人の長女である ダニエッラ、背の高い次女の ガブリエッラ、そしてダニエッラの旦那さんのロマ二スタ(ASローマの大ファン)である クラウディオ がいつものメンバー。そのクラウディオは、実は地下鉄の駅を守っていた「元」警官。私がサンティに通い始めた頃、まだ警察官の制服で銃を保持してお店でビールを飲んでいるのを見かけたことがあるので、いきなりウエイターとして登場した時はビックリしました...笑

そんなサンティ一家のレストランですが、私にはもう我が家のように落ち着ける場所となっています (^-^)☆

今日の注文、いつものボンゴレではありません( *´艸`)

vUI2xFahA8Z2mqXq.jpg

どんな時間に行っても嫌な顔ひとつせず、料理自体は全くお洒落ではないのですが、このどこか懐かしい感じのするイタリア家庭のマンマの味が時々恋しくなります。通えば通うだけ、もっと家族のように接してくれるので、本当に気軽によく利用する場所。イタリアのB&Bで働いていた頃、一人旅の日本人のお客さんによくココを紹介したのですが、皆さん気兼ねなく一人で通えるのが嬉しいと常連になっていました。私もそうですが、やっぱり一人でレストランに入るのにはなかなか勇気がいったりしますよね...。そんな時、こうやって人と人の縁が繋がって温かい気持ちになっていくのはやっぱり素敵です ♫•*¨*•.¸¸♪✧

ここは とにかく安い ので学生さんなどにもおすすめのレストランです^^

4月の帰国前に撮ったものなので、ちょっと厚着な私たち💦

P4081439-1

そして、忘れてはいけないのが外でお客さんに声をかけている南米人の ジーコ氏。サンティさんのレストランに来たにも関わらず、隣のお店が「サンティはうちだよ!」と言ってお店に連れていってしまうケースが多発していたので、ジーコの存在はなかなか心強いです♪ 声をかけられても決して怪しい人ではないので、警戒しないように (´・ω・`)

素敵なサンティおじいちゃんと、とっても明るいマンマ。

いつもいつも本当にありがとう♡

P4081441-1

テイクアウトでのPIZZAの注文にも対応してくれます♬

<<  Ristorante 「SANTI」(サンティ)>>
 Via Daniele Manin 55, ROMA
+39 06 4820651

注文はメモ帳に手書きなので、時々あまりにも安すぎたり、高すぎたり、またはなかなか注文を取り来なかったり、または持ってくるのを忘れたりということもあるのですが、悪気は一切ありません...(;´∀`)

そんな時は、きちんと言うとすぐに対応してくれますので 我慢は禁物 です。

そんなことよりも何よりもいつもつい立ち寄ってしまうのは、すごく大切な何かが今もここに残っているような、本当に素敵なレストランと素敵なファミリーたちがいるからなのです。

お洒落なお店でお洒落なワインを飲みたい方にはおすすめしませんが、身体や胃袋がちょっとイタリアの旅に疲れた時、イタリアのマンマの味を味わってみたい時、レストランが決まらない時...私の大好きなサンティおじいちゃん達に会いに行ってみて下さい。わりと何でも素朴で美味しいです☆*.

ある意味では、サンティおじいちゃんも、ひたすらにこの道を歩んできた熟練したイタリア職人さんと言えるかも知れませんね(^-^*)

 

イタリアの職人さんが作る

心に残る商品たちはこちらから♬

「storiaunica」blog_バナー画像
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ヨーロッパ雑貨へ
にほんブログ村

バッグ・小物 ブログランキングへ

 

 

店長の makico です。イタリアの職人さんたちが作る素晴らしいハンドメイド商品を少しでも多くの方の元へ届けたいと思い、無謀にもイタリアでゼロから起業!ショップの事、商品のこと、職人さんの日常、イタリア情報、海外起業「為せば成るのか?!」奮闘あれこれなど、気ままにお届けしていきます☆*.。

スポンサードリンク