ローマに咲く、小さな春。

ローマ、E.U.R.(エウル)地区にある  “日本の散歩道”「Passeggiata del Giappone」(パッセジャータ・デル・ジャッポーネ)「ソメイヨシノ」の蕾が開花を待つ季節になりました。

この散歩道に植えられている数千本の桜は日本から贈られたもので、1959年7月20日に当時の岸信介首相が記念植樹をしたことで知られています。

桜色の小さな春たちが満開に花を咲かせると、私は大好きだった「シニョーラ」の笑顔を思い出します。私と当時ルームメイトだった日本人の友達にとって、彼女はイタリアでの私たちのマンマのような人でした *.(*´∪`*)*

イタリアに来たばかりの頃に住んでいたパラッツォの管理をしていた彼女、窓の外から聞こえるのはいつもルールを守らない住人への元気な怒鳴り声。引っ越してきたばかりの私たちは、そんな彼女にいつも怯える日々...。

だけど、本当の彼女はとにかく真っ直ぐで優して曲がった事が大嫌いな人。毎年庭に咲くキレイな黄色い花やローズマリーなんかも、全て彼女が心を込めて手を入れていたものばかり。そんな彼女と彼女の家族をすぐに私たちは大好きになりました。

友達が日本へと帰国し、私が引っ越してからも、彼女はずっと変わらずにいつもいつも優しいイタリアの私のマンマでした ○o。..:*・(uωu人)・*:..。o○

彼女がいなくなってから、今年は2回目の春。

たくさんの出会いと別れの中で、そこにある大切なものを教えてくれた強く優しい太陽みたいな人でした。マンマ、今年もローマに小さな春たちが咲きました。

Antonella, ti voglio bene per sempre.

「storiaunica」blog_バナー画像

 

にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ヨーロッパ雑貨へ
にほんブログ村

バッグ・小物 ブログランキングへ

 

 

店長の makico です。イタリアの職人さんたちが作る素晴らしいハンドメイド商品を少しでも多くの方の元へ届けたいと思い、無謀にもイタリアでゼロから起業!ショップの事、商品のこと、職人さんの日常、イタリア情報、海外起業「為せば成るのか?!」奮闘あれこれなど、気ままにお届けしていきます☆*.。

スポンサードリンク